美肌と健康に効果的なパクチー!

ここ最近パクチーの注目度が高まっていますね。
パクチーは別名コリアンダーともいいますが、独特のクセのある香りがカメムシに似ているとも言われ、セロリとともに嫌われがちな芳香のあるハーブです。
ところが、最近パクチーには有害物質を身体の外に出してくれるデトックス効果が認められて実は凄いハーブだったと分かったのです。
調べてみるとこれは本当に凄い。。
今まで知らなかったのがもったいない、と思ってしまいました。
というわけで、何やら凄いハーブ、パクチーの栄養や効能についてご紹介していきます。
スポンサーリンク


ふとんクリーナーはレイコップ

コリアンダーはアジアン料理には欠かせないハーブ。
独得のクセのある匂いがカメムシの臭気に似ていると言われ、苦手とする人も多いですね。
一方で好きな人にはたまらないようで、ここまでパッキリとスキ派、キライ派に分かれる食べ物も珍しいのではないでしょうか。
しかし、これは魅力が大きいということの裏返し!
存在すら否定してしまいたくなるぐらいキライになるということは、それだけ強烈な魅力があるということなんです^^
味と匂いはともかく、注目するべきはパクチーの持つ驚くべき栄養価。
まず特筆すべきはその豊富なビタミン類です。
疲労物質である乳酸を分解し疲労を回復するビタミンB1。
皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2。
コラーゲンの生成を助けたり、病気に対する抵抗力を強めるビタミンC。
抗酸化のビタミンと言われ、身体の酸化を防いでくれるビタミンE。
さらに、体内でビタミンAに変化し、強い抗酸化力があるβカロチンも豊富に含まれています。
その含有量は、緑黄色野菜の代表ともいえるほうれん草やかぼちゃとほぼ同じです。




パクチーはエスニック料理と相性抜群です。一方、洋食や和食となると相性は「?」と思われがちですが、料理のジャンルを超えて、パクチーを取り入れたメニューを展開するレストランが増えているのです。
これから暑くなる季節。夏にかけて、ジャンルを超えたパクチー料理と、パクチストがさらに増えそうです。

パクチー専門店が東京、名古屋で和洋中などジャンルを問わず、街の飲食店においてパクチーを使った料理を見かけるようになりました