東京のオススメグルメ 人気店

東京都内で是非行っていただきたい人気グルメのお店を紹介します

1、RIGOLETTO spice market 二子玉川店

刺激的なスパイスの誘惑

世界に350種類を超えて存在するといわれているスパイス。8店舗目のリゴレットでは、お馴染みの豊富なタパスや手打ちパスタ、モチモチのピッツァに、世界中から集めたハーブやスパイスのエッセンスヲ随所に散りばめたメニューをご提案!普段食べなれているパスタやピザの印象が鮮烈に変わることでしょう。 活気溢れるオープンキッチンからは、スパイスやハーブの香りが立ち上がります。洗練されたンテリアの居心地のよいダイニングでは、ワインを楽しむ笑い声が響き、通りになじむバーカウンターは、つい立ち寄りたくなる賑やかさ。二子玉川の街を変えていく、街のスパイスとなり得るお店です。

RIGOLETTO 店舗情報

2、バルバッコア 新宿店

本場シュラスコ料理(ブラジリアン バーベキュー)

シェラスコの食べ放題のお店

シュラスコとは、ブラジリアンバーベキューのことです。塊のまま串に刺し岩塩のみで焼き上げたジューシーなお肉を、「パサドール」と呼ばれるスタッフがそのままの状態でテーブルまでお持ちし、お客様の目の前でお好きな部分をお好きなだけ切り分けてご提供するスタイルのバーベキューです。色々な牛肉の部位や鶏肉、豚肉、リングイッサ(ソーセージ)、野菜など、常時15種類取り揃えている。お肉は岩塩でしっかり味がついていますが、“野菜モーリョ”と“和風モーリョ”の2種類のソースを用意、お好みに合わせて食べられます。

バルバッコア 店舗情報
スポンサーリンク

3、800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア

新宿駅新南エリアに建てられた注目の商業施設『NEWoMan』。日本初進出のお店がついにオープンした。その名は『800° DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA(エイトハンドレッド ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア)』。2012年にアメリカでオープンした後爆発的な人気を誇り、ついに日本にも上陸。

ここでいただけるのはナポリピッツァ。大きく膨らんだ生地の耳が、外側はカリッと香ばしく、中はモチっとした食感になっているのが特徴だ。

広々とした店内は、やさしいオレンジ明かりのシャンデリアと、白のタイルに囲まれ清潔感がある。アメリカのピッツァ屋というと庶民的で雑多なイメージがあるが、ここにはお気に入りの革靴を履いていきたくなるようなお店だ。



800°ディグリナーズ 店舗情報

4、サナギ 新宿

「アジア・日本の屋台村」をテーマに、個性的な4つのフードショップが立ち並ぶ、約200席のカフェ&フードホール。
ランチはセルフキャッシュオンスタイルで気軽に、ディナーはお酒と食事をゆっくり楽しめます。
ヌードルや寿司、おでんなど、バリエーション豊富なアジアンフュージョンの個性的な料理やクラフトビール、サナギオリジナルラベルのカップ酒など、賑やかなフード&ドリンクをEnjoy。 東京の中でも現代と過去がタイムスリップして混在し、
様々な国籍の人々や世代がクロスオーバーする街、新宿。
「サナギ 新宿」は、その新宿のエッセンスを凝縮した空間で
食とともにインスピレーションを感じられる空間。
増え続ける訪日者、観光客に
新宿の魅力をメッセージするとともに、
新宿が持っている新しいカルチャーを生み出し、
発信していく“場”として人気のお店。



サナギ 新宿  店舗情報

5、MUCHO -MODERN MEXICANO-

パワー溢れる、底抜けに楽しいラテン・ダイニング

前菜を彩るタパスは、300円・500円の均一価格。南米ブラジル、チリ、アルゼンチンなどの伝統料理などに加え、香味豊かな新メキシカンのエッセンスを散りばめました。
フレッシュなアボカドをたっぷり使った”GUACAMOLE”は、Mexico cityやBaja California各地の『毎日でも食べたくなる感動の味』を再現。こだわりの自家製トルティーヤはモチモチの食感!メインとして楽しんでいただきたい5種の”FAJITA”には季節野菜をたっぷりと付け合せ、YARDA GLASSにつめこまれたフローズンマルガリータで、メキシカンリゾートの気分をお楽しみいただけます。

 




SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*